チュニジア旅行でおさえたい観光地

Posted on 08 7月, 2015

1

画像参照:georgianakate

チュニジア旅行でおすすめの観光地は、首都の「チュニス」です。チュニスは、チュニジアらしい町並みを見ることができるだけでなく、たくさん訪れる場所がある旅行者に人気の観光地です。特にお薦めなのは、チュニス旧市街の“メディナ”と呼ばれる場所です。メディナは城壁に囲まれており、アラブ独特の町並みを感じられることで人気がある場所となっています。またこのメディナは世界遺産にも登録されているため、多くの観光客が訪れる場所として知られています。チュニスで他に行くべき場所は“バルド国立博物館”です。チュニスから約1時間の郊外にあるこの博物館の魅力は、世界一のモザイク画のコレクションです。古代ローマ時代に作られたモザイク画が展示してあり、この博物館の目玉となっています。それだけでなくイスラム時代の遺跡なども所蔵してあり、人気の観光スポットとなっています。

他に見るべき観光地と言えば“カルタゴ”です。カルタゴは古代都市国家遺跡であり、世界遺産にも登録されています。このカルタゴの遺跡は、建造された時代によって、二つに分けられるのが特徴です。一つは紀元前9世紀頃にフェニキア人によって建てられた都市の遺跡です。フェニキア人は建国より数世紀もの間、このカルタゴを拠点として繁栄を続けていましたが、やがてローマとの戦いに敗れ、カルタゴごと滅んでしまいます。そのフェニキア人の繁栄のあとが、今でも遺跡として残されているのです。そして、もう一つがローマによって造られた植民地の跡になります。ローマ人はフェニキア人との戦いに勝ったあと、その地に塩を撒くなどして、カルタゴを不毛の地にしてしまいました。しかし長い年月が経つと、やがてローマ人もカルタゴの地に都市を作ったのです。ローマにおけるカルタゴは、ローマの街に次ぐ規模を誇り、闘技場や浴場、競技場や劇場など、先進的な施設が沢山建設されていました。しかし、やがてローマも滅び、ローマのカルタゴもまた遺跡となってしまったのです。

現在では、カルタゴの地で、これらの遺跡を合わせてみることができます。歴史的にも非常に面白い遺跡なので、チュニジアに行ったらぜひ観光しておきたいところです。

Comments are closed.